塚本学院校友会誌「Wings」45号に記事掲載

キモチから生まれたカタチがキモチに届くことをテーマにした「カタチのキモチ FEEL of FORM 真之助デザイン」展が掲載されました。展覧会は08月01日から09日まで平和紙業ペーパーボイス大阪で開催されました。

「アタマとカラダでわかるデザイン」日本語版、簡体字版、繁体字版

杉崎真之助がこれまでの仕事で蓄積してきたデザイン思考などを一冊にまとめたビジュアルエッセイ。日本語版、簡体字版、繁体字版がそろいました。
繁体字版「用頭腦和身體去理解設計」定価588元 磐築創意(台湾)
簡体字版「头脑和身体都懂的设计」定価89.90元 电子工业出版社(中国)
日本語版「アタマとカラダでわかるデザイン」定価1800円+税 パイインターナショナル
繁体字版 簡体字版 日本語版

台湾のネット系マガジン「黑秀網」が杉崎真之助にインタビュー 日本語訳

台湾で最も影響力のあるデザイン系ネットマガジン「黑秀網 HEYSHOW.COM 」が、杉崎真之助にオンラインインタビューを実施。そのデザイン思考と数々の経験について、Q&A形式でやりとりした記事が掲載。日本語訳を追加しました。
『アタマとカラダでわかるデザイン』が、簡体字版(中国)に続いて繁体字版(台湾)が発売されました。

「アタマとカラダでわかるデザイン」繁体字版「用頭腦和身體去理解設計」発売開始

杉崎真之助がこれまでの仕事で蓄積してきたデザイン思考や大学の授業で教えた内容などを一冊にまとめたビジュアルエッセイ。日本語版、簡体字版に続いて、繁体字版が台湾の出版社・磐築創意から発売されました。

杉崎真之助將至今以來累績的設計體驗與想法以及在大學課堂上分享的設計內容,總結了一本視覺散文書籍。繼日文版和簡體中文版之後,由磐築創意出版社發行繁體中文版。

繁體字版:A5 ソフトカバー 240ページ 定価588元 磐築創意(台湾)
簡体字版:A5 ソフトカバー 240ページ 定価89.90元 电子工业出版社(中国)
日本語版:A5 ソフトカバー 240ページ 定価1800円+税 パイインターナショナル
繁体字版 簡体字版 日本語版

台湾のネット系マガジン「黑秀網」が杉崎真之助にインタビュー

杉崎真之助の『アタマとカラダでわかるデザイン』が、簡体字版(中国)に続いて繁体字版(台湾)でも発売されます。これを機に、台湾で最も影響力のあるデザイン系ネットマガジン「黑秀網 HEYSHOW.COM 」が、杉崎真之助にオンラインインタビューを実施。そのデザイン思考と数々の経験について、Q&A形式でやりとりした記事が掲載されました。記事

「カタチのキモチ FEEL of FORM 真之助デザイン」記事掲載

Art Meets TechnologyをコンセプトにしたWebマガジン「AMeeT(アミート)」に、後藤哲也さん(デザイナー/近畿大学准教授)による「カタチのキモチ FEEL of FORM 真之助デザイン」のレビューが掲載されています。キモチから生まれたカタチがキモチに届くことをテーマに08月01日から09日まで平和紙業ペーパーボイス大阪で開催した展覧会に関する詳細な記事です。AMeeT 記事

書籍「40 1983 – 2023 shinnoske DESIGN」ベータ版を展示

あまり目に触れることのないデザイン事務所の日常シーンを大量のスケッチや試作、風景のスナップなどの断片で構成した書籍「40 1983 – 2023 shinnoske DESIGN」。まだ完成形ではないベータ版(2023年08月)ですが、展覧会「カタチのキモチ FEEL of FORM」で展示します。

デザイン・写真:王怡琴 素材・資料:真之助デザイン

展覧会「カタチのキモチ FEEL of FORM」
プレ・オープニング:7月31日(月)5:00 pm – 7:00 pm
会期:2023年8月1日(火) – 9日(水) 
会場:平和紙業ペーパーボイス大阪 9:00 am – 5:00 pm 土日休み・入場無料

「アタマとカラダでわかるデザイン」簡体字版「头脑和身体都懂的设计」発売開始

杉崎真之助がこれまでの仕事で気づいた考えや大学の授業で話した内容などを一冊にまとめたビジュアルエッセイ。日本語版に続いて、簡体字版が中国の出版社から発売されました。

杉崎真之助将至今以来累绩的设计体验与想法以及在大学课堂上分享的设计内容,总结了一本视觉散文书籍。继日文版之后,由中国电子工业出版社发行简体中文版。

簡体字版:A5 ソフトカバー 240ページ 定価89.90元 电子工业出版社(北京)
日本語版:A5 ソフトカバー 240ページ 定価1800円+税 パイインターナショナル
簡体字版 日本語版

「日本タイポグラフィ年鑑 2023」に作品掲載

真之助デザインが制作した「ひかり整骨院」サイン計画、杉崎真之助と王怡琴の「Type West展」ポスター、杉崎真之助の「2022年杭州アジア競技大会」公式ポスターと大阪芸術大学「学生のための実験作品展(2022前期)」ポスター、王怡琴の「モジであそぶ展」ポスターなどが入選し、年鑑に掲載されました。

塚本学院校友会誌「Wings」44号に記事・作品掲載

杉崎真之助が制作した「京都市京セラ美術館」ロゴと「見る人に静かに語りかけて心に印象を残すロゴを設計」の記事が紹介されました。「Wings」は大阪芸大グループのOBのための情報誌。年に一度、6万部が発行されています。

SHINNOSKE DESIGN New Website Is Now Online

This year the 40th anniversary of our starting, we renewed the Shinnoske Design website. You can see the main works, activities so far to the latest news until now in a smooth responsive design easy to see even on a smartphone.
TOP PAGE Selection of representative works and news
WORK Showing our important works, activities and exhibitions
NEWS Included everything from the latest information to past records
ABOUT Profile of our studio and people

SHINNOSKE DESIGNのWEBサイトが新しくなりました

今年、創立40周年を迎え、SHINNOSKE DESIGNのWEBサイトをリニューアル。これまでの主な作品や活動から最新のニュースまで、スマホでも見やすいレスポンシブデザインでご覧いただけます。
TOP PAGE 代表的なWORKやNEWSをセレクト
WORK 仕事や作品、活動、展覧会などを紹介
NEWS 最新情報から過去の記録までを収録
ABOUT スタジオとスタッフのプロフィール

朝日新聞「ロゴ散歩」に美術館のロゴ掲載

朝日新聞東京本社版の火曜日夕刊に連載中の「ロゴ散歩」は、美術館のロゴを紹介する名物コラム。杉崎真之助が制作した「京都市京セラ美術館」が掲載されました。ロゴのコンセプトやプロセスなどが紹介されています。『朝日新聞』04月19日東京版夕刊 朝日新聞デジタル(部分) 朝日マリオンコム(全文)

IMG_4059.jpeg
婦人画報3月号に記事掲載

02月オープンの大阪中之島美術館の特集で、杉崎真之助がおすすめの収蔵作品と中之島のスポット紹介記事が掲載されました。
特集「あの名作を見に、中之島美術館へ」02月01日発売 発行:ハースト婦人画報社

2022_fujingaho_01_w640.jpg 2022_fujingaho_04_w640.jpg
「APD アジア太平洋デザイン年鑑 No. 17」の審査・寄稿・作品掲載

中国Sandu Publishing社発行の「アジア太平洋デザイン年鑑 17」で杉崎真之助がポスター部門の審査委員を務め、グラフィックデザインを再定義するというテーマの寄稿文「思考的点線面(中)」「Dot, Line and Plane of an Thinking(英)」と最新の作品が掲載されました。年鑑には251名のデザイナーの入選439作品を収録。

2022_apd17_07_w640.jpg 2022_apd17_08_w640.jpg
建設会社の新聞広告「まじめに、まっすぐ」

創業150周年を迎えた建設会社の企業広告が、日経新聞他に掲載されました。
工事のはじまりを想起させる大地を背景に、コピーを立ててしっかりと読ませるデザインです。
挑戦する人の姿を30メートルの高さから俯瞰でとらえた撮影は森山智彦氏。

2021_konoike_150ad_01_Synthetic_w640.jpg
LOGO[改訂版]に作品掲載

2008に初版発行されたベストセラーのロゴ作品集。2021年に改訂版が発売され、真之助デザインの作品が8点あまり掲載されています。
日本語/ビー・エヌ・エヌ 2021年06月発売
英語版/Laurence King Publishing 第3版2021年02月発売 Logo, revised edition Michael Evamy 著

2021_logo_book_w640.jpg
「信頼・誠実を大切にする業種別ロゴデザイン」に作品掲載

社会と生活に関わる企業や団体のロゴと展開例を業種別に掲載。発行:パイ インターナショナル
医療部門に、SNN+KUUの担当した空間グラフィックとブランディング「いしはら矯正歯科・こども歯科」「吉岡歯科」「山手歯科」、施設と地域・その他部門に、真之助デザインが制作した「京都市京セラ美術館VI計画」と「鴻池組150周年VI計画」が掲載されています。

2021_pie_logo_designs_01w640.jpg 2021_pie_logo_designs_02_2w640.jpg
「日本タイポグラフィ年鑑 2021」に作品掲載

真之助デザインが制作を担当した「大阪ブレストクリニック」「いしはら矯正歯科・こども歯科」「帯カフェ」のポスターや空間グラフィック、また王怡琴の「東と西の目」ポスターと「AYANE」「星雨設計スタジオ」ロゴなどが入選し、年鑑に掲載されました。

2021_typo_1064w640.jpg 2021_typo_1041w640.jpg